今回は「三助」についてです
This time about "Sansuke"

1、日本の銭湯と混浴の文化(Japanese Sentou and culture of mixed bathing)
ですが、三助を語るには、その前に銭湯、そして混浴の歴史から探る必要があると思いました
現在でも日本人は風呂好きな民族として海外からも認知されていますが、意外にも日本人には元々、「お風呂に入るという風習」はありませんでした

But, I thought it was necessary to explore from the history of public baths and mixed baths to talk about Sansuke
Even now, Japanese people are recognized from abroad as bath-loving people, but surprisingly Japanese originally had no custom of taking a bath

日本の銭湯(共同浴場)の起源は天然の温泉、つまりは“野湯(「のゆ」もしくは「やとう」と読む)”にあるとされます
当時は男女の区分という概念すら無く、「混浴」はむしろ自然な流れだったのです(良い時代でしたね^^
江戸時代に入ると、幕府の御膝元江戸では、防災上の観点から江戸城内・大名屋敷以外の家屋に内風呂を禁止しました
これにより大都市でも共同浴場が大衆化し、銭湯は文化と呼ばれるものまで昇華します
江戸時代の銭湯は「混浴」というイメージがありますが、確かに江戸時代初期は混浴でしたが、松平定信のいわゆる「寛政の改革」の一環として1791(寛政3)年、混浴禁止令が出され、江戸市中での銭湯では混浴は無くなりました
しかし、それは表向きの話
事実、1841(天保12)年、江戸幕府老中首座水野忠邦による「天保の改革」の一環として再び「混浴禁止令」が出されています
元はひとつしかない湯屋(脱衣所・洗い場・浴)を、男湯・女湯に分けるということは湯屋をもうひとつ作らなければならない
それは銭湯経営者にとっては大変な負担を強いるもの
そこで銭湯経営者たちは時間で男湯・女湯で区分したが、今まで自由に入っていた利用者たちにはすこぶる評判が悪かった
銭湯経営者の中には、幕府に隠れて混浴に戻す者も現れる始末
このように、混浴禁止はなかなか定着せず、同年、水野忠邦が失脚し、天保の改革が破綻するや、江戸の銭湯はすぐに混浴に戻りました

今でも混浴が可能な温泉はありますし、地方に目を向ければ昭和30年代までは、地方の農村・炭鉱・温泉地では混浴は当たり前のように行われていました
今ではむしろそれを売りにしている温泉もあるとか・・・

The origin of Japanese public baths is said to be in natural hot spring, that is, "Noyu(or Yatou)"
At that time, there was no concept of gender division, and "mixed bathing" was rather a natural flow(It was a good era ^ ^
From the point of view of disaster prevention, in the Edo period, we banned inner baths in houses other than Edo castle and Daimyo residence
As a result, public baths became popular in large cities, and public baths developed into culture
The public bath in the Edo period has the imaged of "mixed bathing", but it was certainly mixed bathing in the early Edo period, but as part of the so-called "reform of kansei" of Shadanobu Matsudaira and the mixed bathing ban was issued in the year of 1791 (Kansei 3).
As a result, mixed bathing was no longer possible in public baths in Edo City
But that's a putting on public face^^
In a fact,In 1841 (Tempou 12), the "mixed bathing ban" had been issued again as part of the "Reform of the Tempou" by the Edo Shogunate Rojyu Shyuza(Member of Shogun’s seniorcouncil of elders) Tadakuni Mizuno
Originally, there is only one bathhouse (dressing room, washing place, bath)
To divide it into men's and women's baths has to make another one
It was a heavy burden for public bath owners
Moreover, the reputation of the users was extremely bad, and some public bath ownershad appeared to hide at the shogunate and return to mixed bathing
In this way, the ban on mixed bathing was not readily established, and in the same year, when Tadakuni Mizuno fell, the reform of the Tempou failed, and the public bath in Edo city returned to mixed bathing soon

Even now there are hot springs where mixed bathing is possible, and if you look at the area, mixed bathing was carried out as usual in rural areas, coal mines and hot spring areas until the 1950s.
Nowadays there are also some hot springs that make "Konyoku (mixed bathing)" a selling point...

2、三助の登場(Sansuke's appearance)
江戸時代初期、銭湯で流し(洗体・垢すりなどの接客)は主に湯女(詳しくはhttps://ecchi.iwara.tv/videos/wnq7zhgg5xsq1ljk1を参照下さい)が行っていたが、次第に性的なサービスが主流になっていき、売春専門の湯女を専らに置く銭湯の事を「湯女風呂」と呼ぶようになり、一時期は全盛を極めたが、幕府の度重なる弾圧の末、1703(元禄16)年の大火により自然消滅に至り、湯女という職業もこの世から消えることになった
湯女に代わり「流し」の仕事を引き継いだのが男の「三助」たちであった

三助がいつ頃誕生したのかは定かではありませんが、享保年間の頃(1716~1736)には現代に伝わる三助の仕事が確立されていたといわれています

In the early Edo period, the work of Nagashi(body washing, serving guest, etc...) in the public bath was mainly done by Yuna(Please see “https://ecchi.iwara.tv/videos/wnq7zhgg5xsq1ljk1” for details)
But,When Yuna's work became sexual service gradually, people began to call the thing of the public bath that puts Yuna who specializes in prostitution "Yunaburo"
Yunaburo was at its peak for a while, but after the repeated repression of the Edo Shogunate, the Great Fire of 1703 (Genroku 16) led to the extinction, and the profession of Yuna also disappeared from this world
The men "Sansuke" took over the work of "Nagashi" instead of Yuna

It is not clear when Sansuke was born, but it is said that the work of Sansuke transmitted to the present age was established at the time of the Kyoho year (1716 to 1736)

3、三助の仕事(What is Sansuke's work ?)
1)三助は江戸時代の花形職業だった(The most popular career for men in Japan during the Edo period was Sansuke)
混浴が続いたとはいえ、江戸時代の男たちにとって女性の身体に堂々と触れる三助の仕事は花形の職業だったことは容易に想像がつきます
しかも三助のお給金はかなり高かったとなれば尚更のことでしょう
ですが、実際には三助の仕事はなかなかにハードだったようです

For men in the Edo period, when mixed bathing continued, it is easy to imagine that the Sansuke's work openly touched the body of woman was a popular career
And if Sansuke's salary was quite high, that would be even more
However, it seems that the work of Sansuke was actually a hard work

2)三助は一日にして成らず?(Actual condition of work of Sansuke)
三助は、「女性の背中を流す(のが仕事)」だけがクローズアップされていますが、三助の仕事はこれだけでは無いのです

Sansuke had been widely mentioned only about "washing the back of the woman (at the only work!)", but this is not the only work of Sansuke

三助の修業は、木拾いから始まります
風呂の釜を炊くには燃料が必要で、江戸時代の燃料は主にそこらへんに落ちてある木くずでした
木くずの主な供給源は、取り壊された家屋の廃材ですが、江戸市中の総面積は70㎢(69.93㎢(1725(享保10)年)
三助はこの広い範囲から木くずを拾い集めなければなりません
数10㎏にもなる木くずをリアカーのような手押し車に積んで十数㎞を歩かなければならいのです
これを毎日、少なくとも3年は続けなければならいそうです
これはかなりの重労働です
この時点で脱落する者はかなりの数になったはずです

Sansuke's training begins with picking up wood waste
The fuel needed to heat the bath pot, the fuel of the Edo period was mainly wood waste that fell in the town
The main source of wood waste is scraps of demolished houses, but the total area in Edo City is 70㎢(69.93㎢(1725(Kyouhou10)
Sansuke had to pick up wood waste from this wide area
It is necessary to load dozens of ㎏ of wood waste on the handcart and walk more than a dozen ㎞
This is a lot of hard work
At this point a considerable number of people was drop out

木拾いの修業を3年経た後、次は釜焚きの修業に移ります
ここでは釜の温度調節は勿論のこと、それをしながらの洗い場の様子見や客の脱いだ履物の管理(出し入れ)をする下足番など多岐にわたります
そのような苦難を乗り越えた者に三助になる資格を与えられるのです
ですが、三助になれたからといって安心はできないのです
これからが彼らの試練の始まりなのです

After three years of wood picking training, they were moved on to the pot heat training
Not only the temperature control of the bathpot, but also look at the state of the washing place while doing it and manage the footwear taken off by guests, etc
Those who had gone through hardships are entitled to become Sansuke
They became Sansuke, but they can't feel relieved yet
From now on is the beginning of their tribulation

3)三助の仕事(Sansuke's work)
三助の仕事の手順としては、
1;客が番台に「流し」の希望の旨を伝える
流しを希望する客が現れたら、番台は客に木札を渡し、三助に流しを希望する客がいることを伝える
その伝達方法は、拍子木(ひょうしぎ:よく年末に「火の用心」と言いながらカチカチ鳴らすあの紐で繋いだ打ち木)を使いました
番台はそれ(拍子木)を「男の客の場合は一つ」「女の客の場合は二つ」と打つ回数を変えて三助に伝えてました

As work procedure of Sansuke,
1:The guest tells Bandai the hope of "Nagashi"
When a guest who wishes Nagashi appears, Bandai gives a wooden card to the customer and tells Sansuke that there is a guest who wants Nagashi
Bandai used “Hyousigi” for its transmission method
Bandai reported it to Sansuke by changing the number of times it was hit "one time for male guests" and "two times for female guests"

2;三助が客に流しを行う(Sansuke performs Nagashi to the guest)
番台から流しを希望する客がいることを知った三助は、湯を汲んだ桶を持って流しを希望する客の元にやってきます
客は三助に、「番台から渡された木札」を見せます
これが三助の客だという証明になります
三助が客に流しを行います
客が複数いる場合、三助は客の順番を間違えること無く待ち時間に気を配り、且つ客が満足する流しを手際よくこなさなければなりません
こうした三助の手際の良さの裏側には、辛い修行時代と長い経験という下積みがあるからです

After knowing that there is a customer who wants Nagashi from Bandai, Sansuke comes to the customer who wants Nagashi with a wash basin containing hot water
The guest shows Sansuke "a wooden card passed from Bandai"
This proves that it is the guest of Sansuke
Sansuke does the work of Nagashi to the guest
When there are multiple guests, Sansuke must pay attention to the waiting time without making a mistake in the order of the guests, and must handle Nagashi's work that the guests are satisfied well
The background to which such Sansuke can do a good job is because there is a foundation of a hard training age and a long experience

3;三助が客から木札を受け取る(Sansuke receives a wooden card from the guest)
流しを終えた三助が客から木札を受け取ります
これにより、三助は流しを終えた証となります
三助はこの札の数によって給料(固定給)の他に手当(歩合制)が付くという給与形態をとっていました

Sansuke who finished Nagashi's work receives a card from guests
This had been proof that Sansuke has finished his work at Nagashi
Sansuke had taken the form of salary that pay (payment system) other than salary (fixed salary) by number of this card

一軒の銭湯にはたいてい複数の三助を抱えていました
そのため、銭湯の馴染の客のなかには、三助を“指名”する客もいて、そういった客の多少も三助の収入を左右するため、バカにできない存在でした

There was usually several Sansuke in one Sentou
Therefore, some of the familiar customers of public baths were those who "designating" Sansuke, and because some of these customers also affected Sansuke's income, they could not be neglected

4、三助の起源(Sansuke's roots)
三助の語源にはいくつかの説が存在する

一つは、銭湯の被用者(銭湯の主に雇われた者の意)、つまりは従業員の役割の一つであり、「釜焚き」「湯加減の調整」「番台業務」の“「三」つを「助」けた”ということが語源になっているという説

二つ目は、全国公衆浴場業環境衛生同業組合連合会という組織が1972年に発行した『公衆浴場史』のなかで、「江戸時代の銭湯の働き者として人気があった越後国(現在の新潟県上越市)出身の3兄弟(仁之助・三助・六之助)」を由来とする説

三つ目は平安時代の頃、聖武天皇の后だった光明皇后(藤原不比等の娘。光明子。初めて皇族以外の女性が立后した第一号の女性として知られる)が、天然痘(ハンセン病ともいわれている)が猛威を振るい、民草が苦しんでいた時、浴室(現代でいうスチームサウナに近いものだったらしい)を作り、皇后自らも浴室内で患者である民草の背中を流すなど患者の治療に尽力したという
この時、皇后を助けたのが三人の典侍(すけ)であり、彼等は「三典(さんすけ)」と呼ばれ、彼らが三助の由来とする説もある
尚、この時、「酷く重度の癩病患者が現れ、彼を見た光明皇后も最初は躊躇したが、患者の膿を吸ったところ、患者が阿弥陀如来となり、光明皇后の優しさに胸を打たれた」という伝説が残っている

このように、諸説は様々ありますが、個人的には彼女こそ「三助の起源」だと、私は思っています

Several theories exist in Sansuke's roots

One is the public bath employee (meaning the person who was hired mainly by the public bath), that is, one of the roles of the employee, it is the theory that "helping the three" of "Pot heating", "Adjustment of hot water", and "Bundai business" is the source of the word

Second, in the “public bath history” published by the National Public Bath Industry and Environment Association of Health and Social Unions Association in 1972, “The three brothers(Jinnosuke / Sansuke / Rokunosuke) from Echigo(Current Joetsu City, Niigata), who were popular as Edo period public bath workers. Theory derived from

The third is Empress Komyo, who was Empress of Emperor Shoumu during Heian period(Fujiwara no Fuhito’s dautgher,Komyoshi, Known as the first woman to get married with Emperor as other than Japanese royal family's woman),when smallpox (also known as leprosy) rages and the people are suffering, they make a bathroom (it seems to be close to a steam sauna in the modern day) and Empress herself was also committed to treating the patient, such as washing the patient's back in the bathroom
At this time, the three Sukes helped the Empress, and they are called "Sansuke", and there are also theories that they are regarded as Sansuke's roots

At this time, "A severe and severe mania patient appeared, and even though Empress Komyo who saw him also hesitated at first, when he sucked the patient's pus, the patient became Amitabha Tathagata and was impressed by the kindness of Empress Komyo"
There is a tradition that

Like this, there are various theories, but I personally think that she is "Sansuke's roots"

終わりに
確かに三助は女性にモテて(その様子を描いた春画も残っています)、給料も高かったことから、江戸の男たちの憧れの職業だったことには違いはありませんでしたが、修業も辛く、大変な仕事であったことは間違いなかったようです

At the last
It is true that Sansuke was popular with women (there are still Shunga(erotic art) the situation), and the salary was high, so there was no difference in that it was a career of Edo men's yearnings, but It seems that there was no doubt that it was a tough job

BGM
いい湯だな(ビバノン・ロック;Viva non rock)
Performed by The Drifters(ザ・ドリフターズ)

50 7,665
ダウンロード

コメント数 11

解説も素晴らしい!大変参考になりました。

いつも御視聴・お読みいただきありがとうございました
本当は「混浴から見える日本人の観点(変わる日本人の羞恥)」というところも深く掘り下げたかったんですが、特に江戸時代の言葉や皇室まで出てきて英訳するのに苦労し、これでも語り尽くせなかったほどです
御満足いただけたのなら嬉しい限りです^^

Oh! guau! pero que suertudo es Shiro (・`ω´・)
Otro excelente trabajo, muchas gracias por compartir todo ese conocimiento, no tenia idea de toda la historia detras de los baños publicos japoneses, de nuevo gracias por la información (* - -) (*_ _)
>Nota, creo que aquí esta mal el año:
>En segundo lugar, en la "historia de los baños públicos" publicada en 1972
Creo que mas bien seria 1792 (´・ω・`)???...


Perdon(*- -)(*_ _)
No entiendo el propósito de la pregunta・・;

En un parrafo mas arriba pones:
Second, in the “public bath history” published by the National Public Bath Industry and Environment Association of Health and Social Unions Association in 1972, “The three brothers(Jinnosuke / Sansuke / Rokunosuke) from Echigo(Current Joetsu City, Niigata), who were popular as Edo period public bath workers.
Es correcto el año 1972? o es 1792? no entiendo bien

Las siguientes excusas en inglés (*- -) (* _ _)

The “public bath history (Kousyuuyokujyoushi)” was issued by an organization called “National Public Bath Industry and Sanitation Business Federation”.
The year of issue is 1972 (Showa 47)
There is no mistake in 1972

La organización llamada National Public Bathing Industry Environment Sanitation Industry Association se denomina actualmente "National Public Bathing Industry “Sanitary” Industry Association" y existe.

Oh ya veo, mil disculpas pense que habia un error, pero ya veo que no, siento mucho las molestias que pude haber ocasionado (* - -) (*_ _)
>"National Public Bathing Industry “Sanitary” Industry Association" y existe.
De ninguna manera lo pongo en duda (* - -) (*_ _)
Muchas gracias por su explicación (* - -) (*_ _)

やっと開けた^^;
セイバーはヒップアタックするのかと思ったw
志「いや、しばらくこのままだったら窒息するw」

桜「やっぱり仕事終わりの終いチンコは最高ね♡」
志「スッキリ洗い流してもらってありがたいが・・・掃除やり直しだし・・」

kratosさんは、江戸時代の話中心なのに、急に現代?!の刊行物の話が出てきたんで勘違いしたみたいですねw
いつもながら動画以上にボリュームのある解説が素晴らしいw
三助って江戸時代は人気職業だったんですね^^;  (ラッキースケベ付き)銭湯の従業員の総称だと思ってましたw  湯女は別枠の風俗営業?!だと思ってたんで同時に存在してたのかと思ったら、時代で変遷していったんですね

>いや、しばらくこのままだったら窒息する
いや、これで死ねたら男なら本望でしょ\(≧◇≦)/

>仕事終わりの終いチンコ
これはソープでも同じことが言えて、
風俗業界では「口開け」という専門用語があって、意味は「仕事はじめ」
「その日まだ誰にも遊ばれていない清潔な状態(キレイなカラダ)」ということや膣の締まりも良いことからこれを好む客がいたり、逆に「上がり」といってこちらは仕事終わりということ
この時(上がり前)のソープ嬢の膣は、何度もお客のモノを咥え込んでいるため男性器への“馴染み”も良く、程良く締め付ける為こちらの感触を好む客も多く、こちらを目当てに指名する客も多いそうです
私の場合は専ら口開けに登楼するんですが、それは上記の理由と言うより、帰りが遅くなるのが嫌で、結果的にその時間に登楼でねばならなく、習慣づいてしまっただけですが( ̄∇ ̄;)ハッハッハ
(一時期同じ子にですが、上がり前に通っていた頃がありましたが、確かに感触は口開け時と違ってましたね ーー)

>kratosさんは
そういうことだったんですか・・?
なんでこの質問が出たのか納得してもらっても腑に落ちませんでした(-_-;)

>三助って(ラッキースケベ付き)銭湯の従業員の総称だと思ってました
そいいうイメージ強いですからね
あぁ、それと、今回調べている過程で、三助って今では差別用語でTVとか公では使ってはいけないそうですね(TVCMではしっかり紹介してましたが・・;

桜とセイバーの話はこれで一旦終了ですかね^^
ですが、湯女風呂ネタはまだまだ続きますが( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

ははは そりゃ1日に使ってれば感触も変わりますよね  でも動画では桜たちがチンコの感触の違いを楽しんでるようですけどw

kratosさんは、わからないですけど たぶん、それまで1700年代が出てきてたのに、急に1972年だから??ってなったんじゃないかなぁ・・・っていう想像です^^; 翻訳も適当に読んだんでw

志郎のチンコを楽しんでいたはずの桜とセイバーでしたが、それまで散々お客さんたちに可愛がられたマンコは感度が良くなり過ぎて(疲れも多少^^)、志郎に一発でイカされてしまって返り討ちに合ったというオチ(裏話)でした( ̄∇ ̄;)ハッハッハ