「真夜中の主役(エトワール)」は、CD「BUBBLEGUM CRISIS 5 MOONLIGHT RAMBLER」に収録されたリンナ山崎役の富沢美智恵のソロ楽曲である。
前作、BUBBLEGUM CRISIS 4 REVENGE ROADの挿入歌「天使と悪魔のKISS」を収録中、4人全員の合唱だと、「前半がどうしても思い」ということで急遽、ソロパートが実現した。
この成功により、本作からシリア役の榊原良子・リンナ役の富沢美智恵・ネネ役の平松晶子にも、ソロで楽曲が提供されることになった(但し、ネネ役の平松は、仕事の調整がつかず、今回は不参加。平松のソロ曲は次回から)。
この曲の完成度の高さは、アニメソングであるにも関わらず、当時、池田政典氏がナビゲーターを務めるFM横浜のラジオ番組で、普通の歌謡曲に混じり、ONAIRされたのには驚いたが、それは同時に彼女の歌唱力の高さを物語るものともいえよう。
また、富沢はバブルガムに参加する以前に、1986(昭和61)年6月21日公開の「プロジェクトA子」では、A子(摩神英子)役の伊藤美紀・B子(大徳寺美子)役の篠原恵美らと、「Dance Away」「Follow your Dream」の日本語版を担当している。
今でいうキャラソンの先駆ともいえよう。
その後、富沢は、「美少女戦士セーラームーン」の火野レイ役を得ると、同じく木野まこと役となった篠原や、三石琴乃ら5人で、「PEACH HIPS」を結成。池田政典からラジオ番組を引き継いだ佐々木望も、「サムライトルーパー」の成功で大ブレイクし、メンバー5人で「NG Five」を結成し、草尾毅と共に男性声優アイドルの先駆け的な存在となる。

「ラブライブ」の9人で結成されたμ’Sが紅白出場で話題になったが、「声優のアイドル化」はもうこの時既に始まっていたと言っても過言ではないだろう。

BGM
「真夜中の主役(エトワール)」
Sing and Performed by Linna Yamazaki(リンナ 山崎(富沢美智恵:Mitie Tomisawa)

27 3,338
ダウンロード