本来なら前作(この美術部には問題があり過ぎる!?合宿編;https://ecchi.iwara.tv/videos/ml95esbzoji8bdlm7)の続きになるはずでしたが、先生も出てないし、「内容は全く違うものになっている」ということもあり、「『この美』とは独立したタイトルの方がいいかな」と思い、別作品扱いとしました

それでは今回のお話はじまり々々々々
部員A「ふぅ~~ 温泉が気持ちいいぜ」
部員B「あぁ、特にイイオンナとヤッた後の温泉はまた格別だな」
部員C「またオヤジ臭ぇこと言いやがるな(笑)」
主人公「あれで54(歳)ってんだから驚きですよね」
俺、主人公(あると ひとし)たち美術部員はテスト休みを利用し、先生の田舎に訪れていた
道中、目的地(先生の実家)の途中にある繁華街を通ったが、そこにいた女性の恰好に内心欲情を覚えたまま、先生の母親である庵主様にお会いした時にはもう欲情を抑えられずにいた
先生の実家はお寺だった
しかし、先生のお寺の教義は、「男性との交接」、つまりは“SEX"そのものである
俺たち4人も初めてお会いしてすぐに、“交接”を求められた
先生の母親であり庵主の聖光尼(せいこうに)に俺たち4人はあっという間に精を搾り尽くされた

主人公「あれで54(歳)には見えませんでしたよ。さすがは粟比丘尼の再来、化身と言われるだけのことはありましたね」

聖光尼(せいこうに)
俺たち美術部の顧問松家祐未先生の実母であり、ここ聖光院の住職を務める尼さんだ
ここのお寺は開祖粟比丘尼様の教えを現代になっても守り続けている
そしてここの尼たちは、粟比丘尼様の昔ながらの“教え”を守るため、一切の避妊を禁じられている
その為、多くの尼が妊娠している
勿論、堕胎など許されるはずもないため、この地では多くの子供が産み落とされていた
先生もその一人だということだ
聖光尼には先生以外にも子供がいるそうで、先生の上にも何人か子供がいるらしい
その一人が後継ぎとなって尼をやっているそうだ

部員A「あぁ、何か・・・ 『先生への想い』も吹っ切れそうだな」
部員B「・・・・」
部員C「でもよ、さっきいた善光さんだっけ? あの人もなかなか良さそうじゃねぇか?
あの女(ひと)とも是非お相手願いたいもんだぜ、ウヒヒヒ・・・
って、オイ!どうした!?」
部員A「そんな話してたらまた勃(た)ってきちまった」
部員B「しょうがねぇやつだな(笑)」
部員A「そういうお前だって、チンコ勃起してんじゃん」
などと、他愛もない会話をしている俺たちは、4人の尼さんが後ろに立っていたことに気がつかなかった

BGM
I'm so excited
Performed by Mariene(マリーン)

28 1,910
Herunterladen

4 Kommentare

Ended up as baldhead woman, makes me uncomfortable.

That's just because you don't understand the purpose of my videos
Don't watch it if you don't want to!
And don't be come to my page again!!

尼さんといい修道女といい
どうして生殖聖職者のエッチシーンはそそるのか・・・!?
しかし尼さんは剃髪までする人は少ないっぽいですね。

尼さんに限らず剃髪してないのは浄土真宗だけですよ

>どうして生殖聖職者のエッチシーンはそそるのか
でも、それが理解できない人もいるんです
↑の奴みたいに