「まさか君があの槍満(やりみつ女学園、決して「ヤリマン」と読んではいけない^^)さんとこの生徒さんだったとは・・・
しかもまだ一年生だったとは・・・
アノこと(キャンパスパブでのバイトのこと)は学校やご家族は知っているのかね?」
朝の電車内の活動(痴漢行為)の最中、綾乃を捕まえたのは奇しくも、キャンパブでの常連だった権野沢だった
綾乃はこの時点まで、権野沢が別の学校とはいえ、高校の教師だということは知らなかったのである(てっきり、会社勤めのサラリーマンだと思っていた

「まぁ、確かに?
キャンパスパブは16歳からの就労は認められているが・・・
学校の許可は取っているのかね?
それと君はもう16歳になっているのかね?
それだったら私がとやかく言うことじゃないがね
私もあの店を利用している身分だからエラそうなことは言えんし・・・」
権野沢の矢継ぎ早の質問に綾乃は黙ってうつむくだけだった
しかし、無言であることが全てを証明していた

「そうかなら仕方ない・・・
君の学校にも連絡しなきゃならんな
君の御家族にも・・・
こんなことになって私も残念だよ」
権野沢は大きくため息を吐くと、ソファーからゆっくりと立ち上がった

「待って、待って下さい
これには・・・ これには事情があるんです!
私の話を聴いてください!
このことは・・・ ママにだけは・・・
お願いです!」
綾乃はこれまでの経緯(キャンパスパブで働くことになった経緯と痴漢をしていた理由)を権野沢に出来るだけのことを話した

「そうか・・・ そういうわけだったのか
苦労してるんだねぇ」
権野沢は再びソファに深く腰掛けてしみじみと綾乃の話に耳を傾けた
全てを話した綾乃はそのまま地べたにしゃがむとそのまま泣き崩れた
すると権野沢は・・・・

ガシッ
綾乃を強く抱き寄せる権野沢
(権野沢様・・・!?)
抱きしめられた綾乃の鼻腔に権野沢の男臭い体臭がくすぐる
それだけで綾乃の全身から力が抜いた
そして権野沢は綾乃の耳元で、
「安心しなさい
私が何とかしよう」
そう言って立ち上がった権野沢に対して綾乃は、権野沢の前に跪き、スラックスのジッパーを下ろすと、綾乃の目の前に権野沢の巨大なイチモツが飛び出した
それを見た綾乃の眼は蕩けていた

「(´∀`*)ウフフ・・・ “権野沢様の”ったら、もうこんなになってる」
綾乃はうっとりした表情(かお)で目の前に反り立つ権野沢のイチモツに見蕩(みと)れていた
「待ってて、すぐにラクにしてあげるわ」
綾乃はチンポに言い聞かせるように発すると、その小さな口で権野沢の剛直した肉棒を咥え込んだ
「ンフゥ・・・ フォンフォファファフォフォフィンフィンフォフィフィファァ~~(権野沢様のおちんちん美味しいわぁ~)」
本編に続く

(中略)

約一か月後
権野沢の勤務する〇校
豊島由紀子「ねぇ、ゴンゴン(権野沢の蔑称)の奴さぁ、最近丸くなったんじゃない?」
南田加奈「丸いのは前からでしょ?」
豊島由紀子「体型のこと言ってんじゃないわよ。性格(が丸くなった)のことよ」
南田加奈「あぁ、アレね^^ 何だかしらないけど彼女ができたらしいわよ」
豊島由紀子「エェ~~ッ!?ウッソォ~~ッ! あのゴンゴンに?」
南田加奈「そうなのよ!信じられないけど・・;」
豊島由紀子「あのゴリラに彼女ねぇ・・・ どんな物好きなのよ、ソイツ」
南田加奈「ホントホント、ソイツの顔見てみたわ(笑) 」

綾乃の通う私立女子校
生田結花「あんた(綾乃)、どうしたのよ?急に店辞めて」
綾乃「ごめんね、ユカちゃん。 実は・・・ 私に彼が出来て・・・ その人がどうしても「バイト辞めろ」って言うものだから・・・ 別のバイト探すことにしたわ」
生田結花「それなら仕方ないわよねぇ~~ でも、別れたらまた戻って来なさいよ」

キャンパスパブ「おニャン子クラブ」事務所内
店長「また辞められちゃったよ・・・ 今度の子はいい子だったのにねぇ~~」
店員A「やっぱり若い子は扱いにくいですねぇ」
店員B「MAIちゃんも卒業したら辞めんでしょ?」
店員C「そうだってな」
店員D「卒業後は学校の先生になるって言ってたなぁ~」
店員A「教員免許取れたんだね。何だかんだ言って努力家なんだよ、あの子」
店長「あぁ~~っ!また求人かけなきゃ><!」

今日も世の中こともなし々々々々々

27 2,437
ダウンロード

コメント数 4

性にはとっくに目覚めてそうですけどねw
どちらかというと 性に溺れたか 変態に目覚めた って感じですw

綾「・・・別のバイト探すことにしたわ」
  (もぉ決まってるんだけどねw いっぱい専属でヤラシイ事してもらうバイトにw
   アァァァ もぉ妄想してオナる必要ないんだ♡ もぉヤメテぇってくらい色んなコトされちゃうんだ♡)

「別のバイト=権野沢に永久就職」ということですからねぇ
さすがに在校中は本当のことは言えないですよねぇ

綾乃ちゃんと権野沢先生のお話はこれでお終いですが、綾乃ちゃんは捨て難いキャラなので、「次のシリーズでも使いたいなぁ(;一_一)」と思っております(機会があればね^^

これはMAIちゃん動画の前フリか!?

権野沢先生のご機嫌期間はまだまだ続きそうですね!

MAIちゃんはねぇ一_一;)
最初考えていた設定が二転三転してんですよ><
由未さんのおばさん仮面は最初、モグゾウザブトンさんの「おばさんヒロイン」みたいに「涼子さんをはじめとするレイプされた女性たちがおばさんヒロインとして“性の防波堤”になって一般女性を守る」という話を考えていたのですが(勿論それもやりますが)、人妻風俗や不倫の実態を知るにつれ、なかよひモグダンさんのモグ波の「綾波倶楽部」みたいな話もいいなぁと思うようになって、どっちに傾くか予断を許しませんヒィー!(>ω<ノ)ノ