現在(2018年2月11日現在)、GYAO!では「劇場版マクロスΔ 激情のワルキューレ」公開記念として、
超時空要塞マクロス
超時空要塞マクロスⅡ- LOVERS AGAIN -
マクロスプラス
マクロス7
マクロスゼロ
マクロスF(フロンティア)
の6作品が順次配信されるそうで、現在は第一作TV版「超時空要塞マクロス」全36話が今月14日まで配信されている。
やっぱマクロスはええのう(≧◇≦)
「私にいい考えがある」の語源がはやみん(早瀬美沙)にあったとは(「超時空要塞マクロス第6話ダイダロス・アタック」より)
やはり80年代アニメは奥が深い><
新たな発見である(^_-)-☆

そして、コレに感化されて作ったのが今作。
ところで・・・
この金髪のねえちゃん誰?
と思うことだろう
歌っているのも、藤原誠さんではなく、我らがアニキこと水木一郎氏である。

本来ならリン・ミンメイ(鈴 明美,Ling Mingmei)を使うところだったが、彼女を全裸にして踊らせるというイメージが湧かなかったこと(-_-;)や、彼女の圧倒的ヒロイン力の無さ(・・;)
放映当時も、彼女の気まぐれかつ自由過ぎる奔放さは賛否両論真っ二つに分かれ、私も当時は彼女より年下だったこともあり、彼女の行動原理を理解するにはまだ若過ぎた。
やっと最終回も近づき、輝とミンメイが結ばれ、このままイクかと思いきや、輝が選んだのははやみん(上官の美沙少佐)。

「ミンメイって娘(こ)はぼくなんかで繋ぎ止めておけませんよ」(最終回「やさしさサヨナラ」で輝が最後に放った一言)

最後まで輝だけでなく、視聴者を振り回しただけの女でした(・・;)
大人しく第27話「愛は流れる」で終わっとけば良かったのにねぇ(-_-;)

で、今回踊ってもらったのは、ジャミス・メリン(Janet Morris)
本編では、第9話「ミス・マクロス」で、ミス・マクロスコンテストで最後までミンメイと優勝を争ったライバル的立場にいましたが、元々はハリウッド女優という肩書を持つセレブ。
偶々マクロス級一番艦の進宙式にゲストで呼ばれ、フォールドに巻き込まれて艦内生活を余儀無くされ、ミス・マクロスコンテストも、審査員に甘んじてればいいものを、「優勝できる」と思い込んで出場したものの、油断して優勝は一般参加のミンメイに持ってかれ(マラソンでいうと、オリンピック候補の招待選手が一般参加の市民ランナーにぶっちぎられるという失態(!?)、結局世間(艦内)の注目は全部ミンメイにかっさらわれた挙句、第21話「ミクロ・コスモス」では映画「小白竜」の悪役に回され(主役はミンメイ)、映画公開前夜祭パーティーでは酔ったふり(?)してミンメイのドレスにワインをぶっかけようとする嫌がらせをするまでに落ちぶれる始末(ミンメイがとっさに避けて難を逃れたが)
彼女の出番はこれ以降確認されず・・・

今回の話は、艦長でありマクロス・シティの事実上の市長であるブルーノ准将(Brigadier general Bruno J. Global)の提案である「治安維持と市民、特に男性の慰安と艦内男性兵士の士気低下の抑制が目的」により設置された慰安施設のひとつであるストリップ劇場で踊り子としてジャミスが働くようになったという設定。
落ちぶれた彼女にとってはこれ以上相応しい役目はない(^ ^♪

後、ジャミスの英語表記がJamis Melinではなく、Janet Morrisなのかというと、ジャミスはRobotechだとJanet Morrisという名前になってるからそれに準じたもの。

それと今回、藤原氏の歌ではなく、アニキを起用したか?という理由は唯一つ。
こっちの方がかっこいいと思ったから(それだけ(≧◇≦)

BGM
超時空要塞マクロス(The Super Dimension Fortress Macross)
Performed by Ichiro Mizuki(水木一郎)
Danced by Janet Morris(ジャミス・メリン)

52 8,742
ダウンロード

コメント数 8

なんでロボアニメ観てんのにドロドロの愛憎劇見せられなアカンのか…って、後半観るのヤメたちびっ子ィョち。

ですよねぇwww
27話で終われば、「いい最終回だった」で名作として終わったのに、後半(28~36話)のおかげで迷作になってしまった(≧◇≦)
幾ら好評だからって放送延長したら評価下げるという歴史のはじまりでもあったんですね(・・;)

名曲ですね〜
何が凄いって当時、合体メカが全盛の時代、戦闘機バルキリー驚異的な変形を見せた上、それをプラモデルで完璧に実現してみせたメカデザイナーの手腕☆
合体メカ以外でこんなことができるのかと驚嘆し、当時、出たばかりのVHSビデオデッキを持ってる友人の家に入り浸ってバルキリー変形の秘密を確かめようとスロー再生を繰り返した日々。
今になって思うとよくVHSテープが擦り切れなかったものだと…(^_^;)
……と、まぁ、久々に聞いて心揺り動かされちゃいましたが。
うん。(・人・)ですよね。
揺れ具合、ボリューム、素晴らしい♪
ステージの周りで手を叩いているおっさん達も『超時空要塞マクロス』観てたんでしょうか(^o^)
スタジオぬえ、今も元気なのかなぁ…としみじみ
デストロイド・モンスター、かっこよかったなぁ………
あれは変形しなかったけど(^_^;)

バルキリーの可変形態は河森正治がすでに中学生時代に完成していて、後はそれを具現化させるだけだったとどっかのアニメ雑誌の取材記事で読んだことがあります。
ガンダムの富野由悠季に並び称される天才ですよ(^^♪
それと板野一郎の「板野サーカス」は胸躍らされました
あれを手書きでやってるんですから
CGでは絶対に再現できない凄さが80年代アニメにはあるんですよね
マクロスシリーズを製作しているのはぬえですからまだ健在ですよ

日本アニメ史上に燦然と輝く2大大河作品を作った二人に感謝\(≧◇≦)/

Good job she looks unbeliable, I particularly did not saw macross, I saw the American version Robotech, that was the version that the television broadcasted in my country, I understand that the story is similar except for the sagas the Southern Cross and Mospheada but I liked it a lot. greetings.

Gracias por siempre verlo(*- -)(*_ _)
Robotech originalmente reunió tres obras separadas de "The Super Dimension Fortress Macross", "Genesis Climber Mospeada", "The super Dimension Caralry Southern Cross", y compró el derecho de "Tatsunoko Production" que hizo estas tres obras Eso fue "Hermony Gold USA".
Varklyie y Legioss fueron similares (forma variable).
Puede ser una razón, pero hay imposibilidad.
Espero que nos respalden a partir de ahora ^ ^

いや~素晴らしい!昭和の古き良き時代ですね。踊り子さんのチョイスも良すぎます。
正直、ツボに入りました!
デルタでレディーMの言葉が出てきましたが、初代ヒロインなら何歳?って感じでした。
これからもいい作品制作を頑張ってください。見る専ですが応援してます。

ありがとうございます(*- -)(*_ _)
初代ヒロイン(リン・ミンメイ)がその後どうなったかというと・・・
2012年1月 ゼントラーディ軍第109分岐艦隊第7空間機甲師団長カムジン・クラヴシェラ一派と元ポドル基幹艦隊直衛艦隊司令ラプラミズがマクロスシティを強襲。マクロス一番艦の主砲の直撃により死亡。
後に、「第一次マクロスシティ防衛戦」と呼ばれるこの戦いの詳細は「超時空要塞マクロス」最終回(第36話)にあるが、この時、新統合軍早瀬美沙はマクロス艦橋内で、マクロス元艦長で新統合政府総司令となったブルーノ・J・グローバル提督の口からまだ発表されてない「宇宙移民計画(銀河人類藩種計画)」を聴かされる。
ここでグローバルは美沙に新たに建造されるメガロード01(マクロス2番艦)の艦長就任を打診される。
この時美沙は退役を考えていたが、グローバルの熱弁もあり、艦長就任を受諾。

同年8月 リン・ミンメイさよならサマーコンサートツアー開催。
これによりリン・ミンメイ歌手を引退(「超時空要塞マクロスFlash Back2012」より)

翌9月 マクロス2番艦メガロード01を旗艦とする第一次超長距離移民船団出発。艦長は早瀬美沙。直掩の護衛隊長(航空隊長)は美沙の夫となった一条輝。リン・ミンメイも同船団に同行。

2016年 メガロード01、銀河中心で消息不明となる
この事実は隠蔽(情報非公)され、一般には、「メガロード01は今も宇宙を旅している」と喧伝されたままとなっている。

というのがマクロス世界の“史実”となってます。
これだけ壮大な大河アニメ、他にはガンダムしか見当たりません。