アップした動画のスナップショットなのですが、五枚目と七枚目は透明化した男モデルの影がカメラを邪魔してしまってるんですよね。
シェーダーを適用して質感を表現すると、モデルを透明化した際に弊害が出てしまいました。
pmxを編集して根本的に対策するか、エフェクトで改善すればいいのか……難しいですね。
MMDは奥が深くてまだまだ学ばなければならないことが盛り沢山です。
技術の低さを痛感しました。m(_ _;)m

1,251

コメント数 2

透明化の影に関して、シェーダーの都合で出ている場合は「エッジの太さ」を0にすると解決するかもしれません。
(Raymmdの場合はまったく同じ現象が発生しますが、上記の方法で完全に透明化できます)

もし、まだ試していないのであれば試してみる価値はあるかと!

わざわざの御助言、深く感謝します。m(_ _)m
実は「エッジの太さ」はすでに0にしているんです。
服を透明化する時が結構あるので普段から基本的に「エッジの太さ」は0にしています。
線を残したくてわざわざ「エッジの太さ」を1にする時もありますが…。
質感を出すeffectに「NCHLShader」を使わせてもらっているのですが、それが影を残してしまってるんだと思うんですよね。数値を調整して材質に配するファイルも調整する必要があるんだと思います…すごく頭が痛いですね。
いっそ、pmxの方を編集してボディの材質を加算処理で透明化するのではなく、他の方法で不可視化(例えば縮小して見えなくしてしまう)にしようか等と考えています。(弊害として半透明化ができなくなりますが…)
ともあれ、MMD……いろんな演出をしようと思えば思う程、学ばなければならないことが次々に出てきます。
知識のなさを痛感させられる今日この頃です。
MMDは本当に奥が深いですよね、まだまだ課題がいっぱいです。
最後にもう一度、御助言ありがとうございました。m(_ _)m
震電さんのような気持ちが本当に嬉しいです。