ウッドマン「Lat式テトよ、初めましてだな。わしの名は “ウッドマン” である。」
Lat式テト「初めまして〜!ウッドマンって言うんだね?指が長いし・・・デ、デカい・・・ね・・・。」
ウッドマン「当たり前じゃないか。“木の人間” で “ウッドマン” なのだから。」
Lat式テト「ねぇねぇ、失礼なこと聞いちゃうけど、ウッドマンって優しい生き物なんだよね・・・?」
ウッドマン「もちろん。安心したまえ。」
Lat式テト「アタイ、信じちゃうからね?」
ウッドマン「信じてもかまわないぞ。」
Lat式テト「じゃあ・・・ウッドマン、アタイとえっち・・・しよ?♥︎///」
ウッドマン「よかろう。」

〜ウッドマンが長い指でLat式テトのおま◯ことお尻の穴をかき回す!〜

ウッドマン「では、わしの指で君のおま◯ことお尻の穴をかき回してやろう。」
Lat式テト「うう゛ぅんっ!!・・・きたぁ・・・♥︎/// ウッドマンが長い指でぇ・・・アタイのおま◯ことお尻の穴をかき回してるよぉ・・・♥︎///」
ウッドマン「どうだ?わしの指は気持ちいいだろう?」
Lat式テト「えへへ・・・とっても気持ちいいよっ♥︎ ウッドマンってもしかして、女の子のえっちなところが・・・大好きなの・・・?♥︎///」
ウッドマン「当たり前じゃないか。わしはこうみえて性欲が強いからな。」
Lat式テト「やっぱりぃ・・・♥︎ アタイはえっちな女の子だから、遠慮なくかき回しちゃってもいいんだよ?♥︎///」
ウッドマン「そうか。ならば力を強めにしてやろう。」
Lat式テト「ああ゛ぁんっ!!♥︎/// これこれぇえ!!♥︎ これがいいのぉ!!♥︎/// イキそう・・・イっちゃうぅうううう!!♥︎///」

~ウッドマンの長い指でLat式テトは絶頂した!~

Lat式テト「はぁ・・・はぁ・・・・♥︎///」
ウッドマン「相当気持ちよかったようなだな?どうだ、満足しただろう?」
Lat式テト「うん・・・まんまん満足ぅ・・・♥︎///」
ウッドマン「どうした、小腹が空いたのか?」
Lat式テト「コバラスイタカライッチョオドッテヤルゼボグゥゥゥゥゥゥ」
ウッドマン「ファッ!?」

【うp主より】
うp主も、
コバラスイタカライッチョオドッテヤルゼボグゥゥゥゥゥゥ

  終
制作・著作
━━━━━
 ⓃⒽⓀ

464

コメント数 3

  終
制作・著作
━━━━━
 ⓃⒽⓀ

なんかそっくりなんですが・・・w

あ、それ「も」いいとしてw
また新たなクリーチャー登場ですね!

「木」なだけに「中折れ」しないようにきをつけt・・・
差分はしっかりと収めました!

いつもいいおまんこ見せてくれますね(*´Д`)ハァハァ

お久しぶりです!!
ウッドマン、実は新クリーチャー・・・ではないんですねw
『【触手さんといっしょ♥】おんだ式リン × 触手 〜Vol.13〜(https://ecchi.iwara.tv/node/642973)』から登場したクリーチャーなので、この回で2回目の登場ですね!