リサ・ハミルトン(Lisa Hamilton) 23歳。若干21歳(当時)にしてDOATEC研究員としてヴィクトール・ドノヴァンの助手として数々のプロジェクトに参加した才女である。
現在はドノヴァン派としてM.I.S.T.研究員をしているが、それはあくまで表向きで、実情はアイン(疾風)やイプシロン計画に対する贖罪の気持ちからエリナに協力する二重スパイである。
今回も、霞たちと“合流”した際、ドノヴァンの居場所を伝えると、その足で恋人同士を装う同じ研究室の所員の元へ向かう。目的は勿論彼に抱かれるためだ。
ドノヴァンの確保は時間の問題と思われた。しかし・・・
リサのカラダを堪能した男は上機嫌になり、つい口が滑ってしまった。
男によるとドノヴァンは、Dr.Aと名乗る女性科学者をこの島に招聘し、その女性と行動を共にしていて所在は現在不明であること。
そしてこの女は、ドノヴァンよりも早く軍事用ヒューマノイドロボットを完成させた実績を持ち、そのH.R.も帯同させ、その部品をPHASE-4へ移植させ、この島の何処かで実戦テストを繰り返しているというのだ。
ドノヴァンは何処へ?
その女の正体とは?
そして、その女の目的とは?

16 4,237
下载