ゴッドマーズの女性陣には、ロゼ・日向ミカ、マルメロ聖星編のフローレとかいますが、イメージが湧かずにいて、そんな中、マーズ繋がり^ ^ということで、“もうひとりのマーズ”火野レイちゃんを思い出し、いつものように、HONEY SELECTでレイちゃんを作り、「宇宙の王者!ゴッドマーズ」を踊ってもらった次第です(^_^)
本当は、赤いハイヒールを履かせたかったのですが、何故かHSの靴にハイヒールが設定されてない(T_T)
何故?イリュージョン!?

「六神合体ゴッドマーズ(Six god combination GODMARS)」は、1976(昭和51)年から1977(昭和52)年にかけて週刊少年チャンピオンに連載された横山光輝氏作の「マーズ」を原作として、1981(昭和56)年10月2日から翌1982(昭和57)年12月24日まで全64話が、日テレ系で放映されたロボットアニメです。
この作品は、「スーパーロボット大戦」にも参戦してるため、そちらで知っているという世代の方が多いと思われます。

当初は、半年の予定で、「ギシン星編」で終る予定でしたが、おもちゃの業績が好調だったのと、人間ドラマ主体のストーリーや、主人公明神タケル(マーズ)の兄・マーグが多くの女性ファンの心を鷲掴みにしたことで、この当時としては異例のロングラン放映となりました。
この当時は視聴率よりも、スポンサーの玩具の販売業績が重視され、例え視聴率が良くても、おもちゃが売れなければ、スポンサーの撤退→放映打ち切りという作品も多く見られました(例:機動戦士ガンダムなど)。
放映が終了しても、マーグ観たさの女性ファンたちが、署名を集めて映画化したのも異例中の異例で、劇場版「ゴッドマーズ」に、「マーグのヌードシーンがある」と知った女性ファンは映画館へ殺到(^_^.)
そのシーンが來るや、歓喜の声を上げるという、今の腐女子以上の腐り具合が話題になりました(・.・;)

また、この当時(1980年代初め)は、「惑星直列(1982年)」「ハレー彗星の到来(1986年)」「グランドクロス(1999年、ノストラダムスの大予言)」といった宇宙の神秘への恐れ・来たるべき未来への不安が充満していた時代でもありました。

この「六神合体ゴッドマーズ」も、そうした世相を反映させながら作られた作品でもありました。
実際、おおまかなストーリーは、
1982年、惑星直列の最中、外宇宙から地球に六つの未確認飛行物体が飛来した。
太平洋上の明神礁に最初の飛行物体が到達すると、続いてエジプト、北極、インド洋の海底、カンボジアのアンコール・ワット、イースター島へと次々に落下していった。
明神礁に偶然釣りをしに来ていた明神正博士は、謎の飛行物体が明神礁への落着と遭遇。飛行物体の中から、産まれたばかりの赤ちゃんを発見し、保護する。間もなく、妻静子の同意を得たことで、その赤ちゃんを引取った。
そして17年後の1999年。
夫妻の子供として育てられた明神タケルは17歳となった。
というように、この作品は、先程の「惑星直列」と「グランドクロス」から始まっています。

BGM
「宇宙の王者!ゴッドマーズ」
Sing by Itpo Hiura(樋浦 一帆)
Performed by Rei Hino(火野 レイ)

29 2,950
ダウンロード

コメント数 4

ターゲットがピンポイントすぎませんかww
おっさんですがサビすらメロディくらいしか…

御訪問ありがとうございます\(^o^)/
いいんです!
好きでやってんですから^ ^

EDの愛の金字塔もイケテましたよね~懐かしい( ´∀`)b

ありがとうございます^ ^
それってリクエストですか?(^_^.)